フォト

★お気に入り★

リンク

いつでも

  • 里親募集中
    いつでも里親募集中

« 2011モスクワワールド女子SP採点について。 | トップページ | 2011プリンスアイスワールド 新横浜公演 »

2011/05/05

2011モスクワワールド女子フリー採点について

前の記事で書いた通りフリーも見ながら「キム・ヨナ選手には、安藤選手と同じような点数が出そうだ」と感じました。


あくまでリアルタイムで見ていたときの自分の頭の計算機の話なので、プロトコルとは一致しないと思います。


フリーでも滑走順は美姫ちゃんが先、ヨナが後でした。
こういう場合、先に滑った選手の演技とそれに対して出た点数を頭に入れながら見ると点数の予想がつきやすいと思います。


もちろんこれはフィギュアスケートを見る姿勢として邪道だと思います。
点数なんか関係なく、各選手のいいところを堪能しながら演技を見るのが一番いい。
でも今回みどろはやっぱり美姫ちゃんに何が何でも勝ってほしいと思っていたので、
ヨナ選手の演技は、安藤選手と比較しながら見ました。
ジャッジは一応ルールとして、他の選手と比較して点をつけないことになっています。



安藤美姫

構成も演技も安心の品質。後半の目玉2A-3Tが2Tになり、ステップアウトしたのだけ意外でした。
今季一度も失敗してなかったのに。やはり緊張はあったのかもしれません。
四大陸の時のような演技だったらもう少し点差は開いたと思いますが、調子悪くてもこれだけ安定して力を出せるのが今季の強み
130.21を叩きだしました。四大陸を除けば今季二番目のスコアです。これがベストパフォーマンスではないのにこの点が出た。よく「ヨナは審判に優遇されてる」的なことを言う人がいますが、美姫ちゃんも、いい点数をもらってる選手の一人だと思いますよ。




次にキム・ヨナ

ここから比較モードで解説すると、この2人、SPの時のようにおそらくスピンとステップでは差がつかないだろうと思いました。
となると差がつくのはジャンプ。加点。PCS。


ジャンプについて、予定していた構成は
美姫ちゃん
フリップを除く4種、6トリプル構成
ルッツとトゥループが2回ずつ。


ヨナは
ループを除く4種、6トリプル構成
ルッツとサルコウが2回ずつ。


ところが2人とも抜けがあって
美姫ちゃん
フリップを除く4種、5トリプル、ルッツが2回
ヨナ
ループとフリップを除く3種、5トリプル、ルッツとサルコウが2回


になりました。2人とも転倒などのミスではなく、あくまでも予定要素の抜けで留まっていたのもポイント。これだけで考えるとどっちがどっちとも言い難いのですが、
アドバンテージがあるとしたら、
美姫ちゃん
後半に5ジャンプ。うちコンビネーションが2つ。トリプルは3つ。
ヨナ
後半に4ジャンプ。うちコンビネーションが1つ。トリプルは2つ。


ここで決定的に差がつきますね。TESの基礎点では明らかに美姫ちゃんが高いはず。問題はGOEだ。

ところが今回、ヨナの演技に新しい面を見たのは、ジャンプを意図的に制御していると思えたことです。
彼女の強みはあの切れ味よく、高く鋭いジャンプ。冒頭の3Lz-3Tはさすがに前日の失敗を振り切るごとく思い切って跳びましたが、残りのジャンプはそんなに力まず、スルスルっと軽く跳んで降りてくる。
失敗したフリップも、何だか踏切で力が入らずに流されてしまったように見えました。
軽く跳んだのに回転が足りて降りてこれるんだからいかにすごい技術か、改めて感心しますがそれは置いといて、もしかしたら曲想に合わせて、力いっぱいギュンギュン跳ばないようにしていたのかもしれません。もしそこまで自分で制御していたのなら、本当に素晴らしい選手だと思います。つくづく、欠けている残りの1ピースを拾いにきてほしいです。


ただ、GOEはいつもほど付かないだろうと思えました。流れのある、無駄な力がまったく入ってない質のいいジャンプに違いありませんが、これまでのGOE2と3の羅列は、高さや幅も加わったからこそ与えられてきたはずで、今回のジャンプなら、1と2の羅列になりそうな雰囲気です。それは美姫ちゃんと同じくらいの評価でしょう。



いける…!



あとはPCSですが、TESでのリードで相殺できるのでは…!
これはほぼ近い点数が出て、僅差で美姫ちゃんが上だろ…!


と、いうのが点数が出る前のみどろの計算でした。
128.59
SPでの差は0.5程度でしたから、勝った! 勝った!!!


強めの曲を選んで、美姫ちゃんの力強さ、疾走感を前面に押し出した策が吉と出て、エレメンツの加点やスピード感よりも表現力に重きを置いたプログラムにした策とで差がついたというところでしょうか。


« 2011モスクワワールド女子SP採点について。 | トップページ | 2011プリンスアイスワールド 新横浜公演 »

02.世界選手権」カテゴリの記事

19.アーカイブ2011年」カテゴリの記事

コメント

じぇっらすぃ~♪♪♪
 
グレムリンからあっこちゃん連れて帰って来ました(`・ ・´)ゞ(何処だよ…
 
「私の経験上、番組開始から15分以内に現れた人が真犯人です」
 
あっ山村紅葉さんだった!!(◎o◎)
 
こんなアホコメントしかできないのですが、お暇な~ら♪♪♪来てい~よね(勝手に決める
 
 
Homage to Koreaについては、少しはファン・ジニ的な豆知識がある…と自分では思っているので、そのうち記事書いてみます
 
昨季の「タイスの瞑想曲」は私は大好きでした
 
ジャンプについては、もし浅田真央が伊藤みどりのようなトリプルアクセル跳ぶ選手だったら、「愛の夢」は演技として成立しないんじゃないかと
昨年うっすら考えてたことがあるので…
 
奇しくも八木沼さんが安藤選手のショートに「演技の一部としてジャンプを跳んでいるよう」とコメントしていたので…
 
その辺って、どういう評価をされるのかな…と
 
どシロートは、リズムにさえ合ってれば高く遠く!一本調子で跳んでた方がおトクな気がしてしまうのですが……
 
世界トップクラスの選手の演技を他の選手に当てはめるのも酷な気がするんですが、
シーズン通して演じていたら
「曲調に合わせて跳んでいる」部分も高く評価されてたのかしら?
 
 
そういえば、昨年、例の謝罪騒動?になった「バンキシャ」の「ヨナさんの極秘近況特集」の中で
稔センセが「ジャンプの矯正でもしてんじゃないんですかねっ!!」
って爆弾発言(笑)してたけど
みどろさんの記事読んでみるとある意味…
 
 
…稔、恐るべし
(あ~また長いわ…ごめんなさいねっ!お返事は紅葉さん宛でよくってよ←しかもエラソウ)

ジェラスィ~♪<井上陽水

今日あっこちゃん見てきたわよ~。南里もいたわよ~。

>お暇な~ら♪♪♪来てい~よね

こんばんは。五月みどろです。Σ(゚д゚lll)チガウチガウ!

そうよ、そうよ、伊藤みどりみたいなジャンプだったら、「愛の夢」は無理なのよ。そんでシーズン通して滑ってたら「これは曲に合わせてこういうジャンプなんだ」って上での評価になったと思いますよ。
ながすくじらさん、(σ・∀・)σスルドイッ

ただ、GOEが上がるわけではなく、PCSのパフォーマンスとかの部分で評価される項目かな~と思います。

>Homage to Koreaについては、少しはファン・ジニ的な豆知識がある…と自分では思っているので、そのうち記事書いてみます

わ☆それ、記事が出来たら教えてくださいね。
韓国の歴史とか詳しくないので、是非聞いてみたいわ~。

 お揃いのブログ背景なのになんという内容の差・・・・www!!
 自分のブログのアホさ加減にお口アングリしとります

 私は未だにルールも、ジャンプの見分けもつかない(アクセルジャンプとそれ以外しかわかりません!)トーシロですが、感覚的にこりゃ僅差だろうな、と思ったのでみどろさんの解説には疑問を挟む余地がありません。

 これが安藤さん100%の出来、ヨナ嬢70%の出来でヨナ嬢首位だったら私もちょっとプンプンしちゃうかもしれませんが、今回ジャッジは、お互い70%くらいの出来であった2人に、ほぼ甲乙つけがたい点数を与えました。
これは安藤ファンは狂喜乱舞していい結果かと思います。
ヨナの実績に安藤さんが追いついたってことですから。

 個人的には同じスピードがなくてもSP・FP共に四大陸の内容だったらもうちょっと安藤さんに有利だったかも、とも思いましたし、逆にヨナ嬢がジャンプさえがっちり決まってれば、優勝はヨナのものだったかも、とも思いました。
 そういう意味では安藤さんは色々な運にも助けられたような気がします。
ですがこの運はある日急に舞い降りてきたものではなく、シーズン通して地道に実績を積み上げてきた安藤さんが自分で引き寄せた運だと思ってます。

 ま、要は北斗神・・・いやもう止めときます 

 お邪魔しやした

侘助さん、お久しぶりです。

いえいえ、侘助さんのブログ楽しいですよ。
私の書いてることなんて、見る人が見たら「ぷ」でしょうし、
「いーじゃねーかー好きに見ればー」ってのが本当のところなんでしょうね。

>ヨナの実績に安藤さんが追いついたってことですから。
そうそう! そうなんですよ! 喜ぶところですよね。
五輪女王に匹敵すると評価された。それは美姫ちゃんの昨シーズン、いやもしかしたら2008年の銅メダルくらいからの積み重ねがあったからだと、やっと報われた思いです(^O^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011モスクワワールド女子フリー採点について:

« 2011モスクワワールド女子SP採点について。 | トップページ | 2011プリンスアイスワールド 新横浜公演 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

ハン・ヤン時計

  • ホームページ制作
    ハン・ヤンの健康と活躍を祈っています。

関連本

楽天

奇跡の動画

  • 織田信成×吉本新喜劇

バンクーバー五輪男子フィギュア観戦記

  • 太郎さんとともに
    向こうで撮ってきた写真で、紹介しきれなかったものです。
無料ブログはココログ