フォト

★お気に入り★

リンク

いつでも

  • 里親募集中
    いつでも里親募集中

« やっぱり○○が好き! | トップページ | 2011モスクワワールド 男子フリー »

2011/05/14

2011モスクワワールド 男子SP

今さらやるの? って感じですが、順次レビューしときます。
ま、記事にしておくと、自分であとで振り返りやすかったりするもので…(^^ゞ
時間が経ってしまったのは「言葉にしてしまうのが恐かった」のも少しあります。


2011年のワールドは我々日本人のみならず、わずか1か月でこの大会を準備したISU、ロシア、参加したあるいは参加する予定だったすべての選手にとって、何か言葉にできない、複雑な感情をもたらしてくれました。決断を迫られた選手もいたでしょうし、正直に言ったらキツかった選手も多かったでしょう。同じくらい「時間ができて助かった」選手もいたものも思われ。


それが「ホスト国の大災害による」ことだった点がまた感情を複雑にさせ。
勝負として純粋に楽しむ以上のものが見られたと思います。


特にエキシビでの安藤美姫の「レクイエム」は、見た後2~3日人を呆けさせるほどの演技でした。今もお腹の底でグツグツと煮えるようなものを、言葉で表現することができずにいます。


言葉は大事。結局言葉にしなければ人には伝わらない。
けれど、言葉にすることでこぼれてしまうものもあるのも事実。
見ながら感じた「言葉にならない複雑な感情」が、言葉にすることでこぼれてしまうのが恐かった。
みどろはブログという手段を選んだわけで、そのジレンマとはこれからも常に真摯に対峙していかなければいけないのだろうと思いました。


ではSPから。若手は動画を貼っています。上位陣は放送されたでしょうし、検索ですぐ引っ掛かりますからお手数ですがご自分で探してください。レビューしてない選手はバッサリ割愛です(笑)

 
 
 

ホームズくん リチャード・ドーンブッシュ

非常に有望な選手で、観ていて楽しみですが、「まだ今年じゃない」と全米の結果を見て思っていました。しかしここでキッチリ力を発揮しました。すべてのエレメンツを素晴らしい流れの中でしっかり決めました。デニス・テンとどこで差がついた?と思わせるくらい。細かい着氷の処理とフリップのeマークでした。アボット、来季がんばんないと大変だな~。



中国の市川染五郎 ナン・ソン

今季、中盤以降調子を崩しているナン・ソン。1か月の延期はどう響いたでしょうか。3Lz-3Tは素晴らしい高さでしたが着氷で乱れました。3Aなんとか。3Fは詰まり気味。ステップは見せ場なのにちょっと切れが悪かったです。四大陸でコケちゃったので慎重になったのかもしれません。少し振付も変えてきてました。頑張って踏みとどまった演技でした。目立った失敗はないのに評価は厳しいな…。PCSで4点台が入っちゃうなんて(>_<)



お肌のお手入れ デニス・テン

みんな大好き」というこれまでのキャッチフレーズはミーシャ・ジーにあげようと思います。
ミーシャ予選通過時の盛り上がり方っていったら…ww
ってことでテンくんの新キャッチフレーズは「お肌のお手入れ」です。
クチビルは切れてませんでしたが、ほっぺに吹き出物が…。若いのねぇ。
何とか3A決まりました。今季の調子としては踏ん張ったSPではなかったでしょうか。
テンくんのそういう踏ん張りが好きよ。



アボット2世 ロス・マイナー

考えてみるとネガティブな名前(笑)Twitterで「ゲイン・メジャー」とつぶやいてる人がいましたwwww
あっという間にトップスピードに乗りました。3Aは入りに難がある。3Lz-3Tは最初のルッツに幅がありました。イーグル厨垂涎のTR。見れば見るほどいい選手なのよね。エレメンツ全部完成されてる。GPシリーズからずっとそう感じてましたけど、やっぱり地味。その辺もかつてのアボットと似てる。ってこれ書くのも2度目(笑)



みんな大好き ミーシャ・ジー

予選最終突破のミーシャ・ジー。大人気の新たな個性派スケーター。
SPも荒ぶるステップ! いやスピンも表現もいいと思いますよ。でも最下位。やっぱ3Aないとね…。来季もがんばろう!



小芝居 ライアン・ブラッドレイ
4-3は4-2になりましたが、3Aも決まり、彼なりに十分やれた演技だったと思います。よく出てきましたよね。。。全米の結果はアボの落選のショックでうっかり兄さんに触れずにきましたが、やっと掴んだ全米王者、久しぶりの世界選手権。それが延期になった。若い選手よりもピーキングは難しかったと思います。でもあの楽しいプログラムを生き生き滑ってるのを見ると頭が下がりました。



キム・ルーシン
モナコの選手。それだけで注目(笑)
オペラ座の怪人でしたが、アレンジが変わってました。手袋が仮面になっている衣装も含めて、見どころのあるプログラム。滑りも表現もいいですよね。ハイドロ厨にはたまらんかったかも。



アントン・コバレフスキー
お馴染みの♪の衣装、「ストップ タイムラグ」。ジャンプはすべてギリギリでしたが、後半の展開は早いテンポのドラムの音によく付いて行ってました。観客も盛り上がったなり~。



2010年の4回転バカ ケヴィン・レイノルズ
本来は代表ではなかったのですが、ショーン・ソーヤー兄さんが代表を辞退したことを受け、繰り上げ。兄さんも苦渋の決断だったと思います。彼のSPはなんといってもクワド2回、が見どころですが、最初の4Sで転倒。3Aはなんとか。コンボは3Lz-3Tにしました。なかなか難しいわよね~。



アレクサンダー・マヨロフ
ちゃんと見るのは実は初めて。今までチョロチョロとしか見てなかった。
予選を2位で通過した(ミカルより上)というサプライズがありました。そこで力を使い果たしちゃったのか、ジャンプがグダグダ。3Fだけなんとかキレイに降りました。ジャンプに入る前がいろいろ問題がある気がする(笑) それ以外はステップも滑りもよかったと思うんですが、ほろ苦いデビュー戦だったかな。



スペインをしょって立つ男 ハビエル・フェルナンデス
今季、衣装が最も話題になったプログラム(笑) 蝶ネクタイ小さくなりましたよね? 3AはOK。3F-3Tでステップアウト。3Lzはちょっとフリップ気味。ステップは今回は転びませんでしたし、さすがのフットワーク。もうここまできてる選手なので、あとは細かいところですよね。。。もっと上にいける選手だと思うのでもったいなかったです。



ダンス!ダンス!ダンス! フローラン・アモディオ
やっぱりSPのがいいと思うんだよな。単独フリップがリップなのはいつものこと(笑)安定してる、って言えば今季抜群の安定感でしたね。失敗した記憶がない。



あなたとわたしの ブライアン・ジュベール
この不器用で怪我の多い愛すべき選手にとって、1か月の延期は吉と出たか凶と出たか。4Tでステップアウト。3Aも3Lzも不安がありましたが、今回は両方プラスをもらえるキレイなものを跳んでいました。本当なら3Lzをコンボにしてリカバリーするべきだったでしょうが、まあそれが出来る人ならこんなに苦労してこなかったわけで…(笑) バンクーバーの悪夢も、ルッツでなんとかしようとして結局転んでしまったので、これで仕方ないと思います。それより振付を省略しないでっ!w



アドリアン・シュルタイス
ADSL今季元気ないよねー。コーチの問題とか、見えないところでいろいろあったのかな? 3F-3Tはリップ気味。3AはOK、ただしルッツで転倒。う~む。スケーティング、とってもよくなったと思うんですよ。でもSlstでコケた(>_<) あちゃ~。どうしたADSL。



滑り出したら止まらない パトリック・チャン
もうこの人は全然心配してないんですが(笑) 延期の影響とか無さそうな気がしてた。それくらいノリに乗ってたから。あ~やっぱりほらね。もう文句付けるところがない。初戦のスケカナのSlstが今季一番と思ってましたが、一番大事なワールドで、それ以上の演技ができたでしょう。勝つ時ってやっぱ勝つべくして勝つんだよね~。そういう時期がある。彼にとってはそれが今年だった。時期を逃がさずに捉えきったと思います。



信夫センセと二人で一人 小塚崇彦
Pちゃんのあとに滑るという、スケートの神様の采配。この二人はこれからもずっと一緒に競っていくことになるんでしょうね~。浅田真央とキム・ヨナのように。四大陸で振付を修正してて、そちらがいい印象だったので安心して見てました。が!3Aで両手を付いてしまいました。正直それだけでこんなに順位が落ちちゃうか?と不思議に思えるくらいよく滑れていたと思います。四大陸からチェック姿勢がよくなったんですよね。それだけでも全然印象は変わりました。



よせばいいのに KVDP
冒頭の4Tで転倒。あら。今季クワド安定してたのにね。3AはOK。3Fに3Tをつけてリカバリーしました。逆に他で盛り返そうとしたのかスピンやステップのクオリティは今季のSPで一番よかったと思います。もちろんスピン遅いけど(笑)



待ってたぜ ミカル・ブレジナ

ミカルのヤンキーっぷりが堪能できる良プログラム。ジャンプはやっぱりたっかいのぉ~。スピンも大丈夫ですね。スケーティングもいいと思います。ステップはまさに真骨頂。今季目を見張ったステップはこれと高橋とPちゃんです。つまり全部もってる。しかも気も強い。闘争心の見える滑り。ということで、来シーズンからの彼のキャッチフレーズは「全部もってる」です。



世界チャンプ 高橋大輔
ステップで一瞬バランスを崩した以外は危なっかしいところはなかったんですが、最初のフリップにeマークがついたんですよね~。むしろ最後のルッツのがフルッツ気味な気がするんだがwwwww
まああとはやっぱりスピンです(笑) 彼にとってはこの1か月は良かった面もあり、キツかった面もあり、そのいずれも演技に出たな、と思えました。



あんたはデキる子やっ! トマシュ・ベルネル
4T入れてきましたね。失敗しちゃいましたがシーズン序盤は今年はクワド無しでいくのかと思ってましたので、ここまで戻してきたと見るべきなんでしょうね。リカバリーで3Lzのあとに3Tをつけましたがオーバーターンでした。曲に合った軽快なステップ、ストレスのないスケーティング。順位が何位だろうが、四回転で失敗しようが、みどろはこういうのが見たいですよ。



口にするだけで力のみなぎる名前 アルトゥール・ガチンスキー

彼をこの場でお披露目できたことだけでも、ロシアは開催した意味があったんじゃないでしょうか。その期待を感じていて応えようする意図も見えた演技でした。プログラムはやっぱり不思議だし、ジャンプは跳び方も降り方もプルシェンコに似ていてみどろの好みじゃないですが、このSPはなんか…プルシェンコよりは好感をもちますね。「どこが」と言われると難しいんですが。ロシア男子にとってはプルシェンコって目指すべき偉大なモデルなんでしょうが、個人的にはそっちにいってほしくないぞ(笑)



踊る埴輪と指揮者 サミュエル・コンテスティ
ごめん、割愛。特に深い意味はありません。



三人目の吉田兄弟 織田信成
ワールドについては、投票で1位にもなった例のキャッチフレーズを使わないように心に決めてました。不吉だから。でもやっぱりフリーで……………。
4Tでステップアウトですが回りきってからのマイナスですのでダメージは少ないと。その分Lzに3Tをつけてリカバリーしました。予定と違うために終始音と合わなくなってしまったのがもったいなかったですが、リカバリーのコンボにも加点が1以上つくという質の高さ。スピンもレベルは取りこぼしてても加点はもらえるクオリティ。織田くんはいつでも勝てる選手なのにね~。
ステップは結局シーズン最後まで微妙でした。彼はクイックなステップより、大きく深くエッジを切り替えるステップのがイイと思うんですよね。フリーのように。
2位にきたのは驚きましたが、PCSでも小塚より高い評価をもらったことも大きい。彼には自信と貪欲さが必要なのかも。お前は勝てるんだ、誰よりも質も高いんだ、って鼓舞してくれる人がいるといいんですが。




結果
1 パトリック・チャン(カナダ) 93.02
2 織田信成(日本) 81.81
3 高橋大輔(日本) 80.25
4 アルトゥール・ガチンスキー(ロシア) 78.34
5 フローラン・アモディオ(フランス) 77.64
6 小塚崇彦(日本) 77.62
7 ミカル・ブレジナ(チェコ) 77.50
8 トマシュ・ベルネル(チェコ) 75.94
9 ブライアン・ジュベール(フランス) 71.29
10 デニス・テン(カザフスタン) 71.00
11 リチャード・ドーンブッシュ(米国) 70.54
12 ライアン・ブラッドレイ(米国) 70.45
13 ロス・マイナー(米国) 70.40
14 ハビエル・フェルナンデス(スペイン) 69.16
15 ケヴィン・ヴァン・デル・ペレン(ベルギー) 68.34
16 ペーター・リーバース(ドイツ) 67.73
17 アントン・コバレフスキー(ウクライナ) 65.16
18 サミュエル・コンテスティ(イタリア) 64.59
19 ケヴィン・レイノルズ(カナダ) 64.36
20 ナン・ソン(中国) 63.78
21 ジョーイ・ラッセル(カナダ) 61.69
22 ヨリック・ヘンドリックス(ベルギー) 60.74
23 パオロ・バッキーニ(イタリア) 58.96
24 キム・ルシーヌ(モナコ) 58.81

ここまでがフリー進出。
ADSL、マヨロフのスウェーデン代表が2人ともSPで落ちるという残念なことに。
ミーシャも最下位でした(>_<)

« やっぱり○○が好き! | トップページ | 2011モスクワワールド 男子フリー »

02.世界選手権」カテゴリの記事

19.アーカイブ2011年」カテゴリの記事

コメント

織田く、、、織田くん・・・。
そうそう。彼はジャンプの質もいいし、スピンも綺麗。

トリノくらいの頃は日本男子の中では誰よりも織田君を応援してました。
だけどなんだかよく分からない騒ぎがあったり、、、、
彼の一番の演技ってのを見たいです。
それまで何とか現役を続けて欲しい。と願ってます。

>お前は勝てるんだ、誰よりも質も高いんだ、って鼓舞してくれる人がいるといいんですが。


これってモロゾフさんが去年はやってくれてたんでしょうか・・・。
信長が夢で言ってくれたらいいのに。
織田君なら素直に『夢で言ってくれてぇ~』って喜びそう。


プロ○クティブ!!
 
効く人には効きまっせ~(だけど高い!しかもウチの高校生に買わされてる(T_T)←何の話だ
 
ライアン兄さんの「ブギウギ・ビューグル・ボーイ」て…
( > <)ノノ☆ばんばんばん
ダメだツボ過ぎる
 
選手生活どうしようか、とか悩む時期ってあると思うんですよね
 
それを乗り越えたからこそできる演技、ってあると思うんです
…一見ベクトルが別なように見えますが…
 
 
織田選手は、八戸のチャリティPIW、怪我でお休みしたらしいです…(/_;)
 
昨シーズンから競技者としては色々キツイ時期だったと思います
 
誉めて伸ばす…とか環境変えてすぐどうなるものでもないというか、
本人の中でグルグル回ってるとこから
一歩踏み出せる試合が一回でもできたら、来季変わってくると思うんですけどね 
 
普通ならあり得ないようなシーズンの最後に、日本選手が四種目とも一定レベルの結果につなげたことが一番驚きだし、感動です
(来季、ペアの二枠目の選手…とかっているんでしょうか???)
 
どんなに悩んでも、スケートが好きで努力してるスケーターにはやはり心打たれます
ファンの方々にも☆
(みどろさんがヤケ?気味に作成して意外にご利益があった「気力でカバー」小旗…カルタ?、織田選手に回してあげてはどうでしょう?)

みどろさん、こんにちは。
みどろさんのレビュー、毎回楽しみにしているので、
今回のワールドのレビュー上げてもらえて、
とっても嬉しいです。

チャン、すごかったですね~。
完全版テイクファイブが、あんな大舞台でできちゃうんですね。
もう、SP終わった時点で「チャン、金メダルおめでとう」
って、感じしました。

picoさん、こんばんは。

織田くん、本人が自分の良さに気付いて自信を持ってくれれば、逆に足りないのはどこか、なぜこの結果になったのかを身に沁みて考えられるのかな~。・・・わかんないや。

>信長が夢で言ってくれたらいいのに。

その手があったか(笑)
信長様、なんとかカワイイ子孫に救いの手を…!

ながすくじらさん、こんばんは。

え、プロ○クティブ?
なんでそうなった(笑)

>織田選手は、八戸のチャリティPIW、怪我でお休みしたらしいです…(/_;)
そうそう、膝ですってね!(>_<)
お休み中、いろんな選手の演技を見るのはどうかな。自分の演技も含めて。
各選手のプログラム構成をよく見てみるとか。
そういう問題じゃないのかな…。
う~~~む。困った困った。
この迷宮の出口はどこだ!

zakiさん、こんばんは。

こんなんでも楽しみにしていただけたなら、UPした甲斐がありました~。
Pちゃん圧倒的でした。
これでもう文句言わせないっ!
って思うけど、ま、言う人は言うんでしょうね(笑)

フリーも圧巻でした。今、ISUが求めるフィギュアスケートの姿に対して、明確に1つ答えを出したと思いますね。
ただ、答えはいくつもある(笑)
いろんなスケーター達が、また新たな答えを用意してきてくれるのが楽しみです☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2011モスクワワールド 男子SP:

» 浅田真央 高橋大輔 学研 [ミルキィクイーン]
浅田真央と高橋大輔「交際」報道 「ビッグカップル」真相は? 2011512 フィギュアスケートの浅田真央選手(20)と高橋大輔選手(25)が交際しているという報道が出た。本当ならばフィギュア界のビックカップル誕生だが、否定する関係者もいる。真相はどうなのか。... ... 割と若い人同士だとありますよ。 震災後で記事がのうなりましたか? ... 浅田真央&高橋大輔が交際!?ビッグカップル誕生の真相とは 16 ... [続きを読む]

« やっぱり○○が好き! | トップページ | 2011モスクワワールド 男子フリー »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

ハン・ヤン時計

  • ホームページ制作
    ハン・ヤンの健康と活躍を祈っています。

関連本

楽天

奇跡の動画

  • 織田信成×吉本新喜劇

バンクーバー五輪男子フィギュア観戦記

  • 太郎さんとともに
    向こうで撮ってきた写真で、紹介しきれなかったものです。
無料ブログはココログ