フォト

★お気に入り★

リンク

いつでも

  • 里親募集中
    いつでも里親募集中

« GPファイナル2016 女子SP | トップページ | GPファイナル2016 女子フリー 吾郎ちゃんが好き »

2016/12/24

GPファイナル2016 男子SP

また男子はウザくなってしまったな。
無意識なのに、気付くとウザくなってる…。

 
 

オールドスタイル ハビエル・フェルナンデス

4T-3T、4Sオーバーターン、3A転倒扱い
4Sは「意地でも手は付かない!」という姿勢が見えました。
見苦しいのは好きじゃないけど、あれで転倒扱いを免れるんだから大事だ。
3Aはお尻はつかなかったけど、両手付きで転倒扱い。
この違いは大きい。
微妙なズレが失敗につながったって感じで、調子が悪いようには思えませんでした。




スケートは彼の言葉 パトリック・チャン

4T-3T、3A、3Lz
すべてのエレメンツがうまくいき、表現も余裕をもって曲を表現していたので、これはソチ前なら文句なしで1位をとってたクオリティの演技。
この内容でも凡庸になってしまう時代になるとは。
それでも今回、2位に踏みとどまれたのは、ハビや昌磨の失敗があったからともいえますが、違う側面もあると思ってます。
クワド時代の男子は、今回のようにSPから転倒の多い試合になるのも特徴。
それでもSPからクワドを何本も見たいと思うかどうかは、個人の好みだけど、
私個人は、SPはクリーンにやってほしい。SPの意味がなくなっちゃうから。
今回パトリックが2位に入ったのは、SPの適正な評価がはたらいたからとも思います。




小さな巨人 宇野昌磨

4F、4T転倒、3A
4Tは3回半くらいで転倒してしまったため、コンボが入りませんでした。
それだけでなく、ちょっとスローな気もしました。
少しリラックスしすぎだったのでは。




シニアに殴り込み
 ネイサン・チェン

4Lzオーバーターン-3T、4F転倒、3A
今日は4Fの方を転倒しました。
昌磨を下回った理由はPCSか。
うん、それは納得する。
まだまだシニアの洗礼を受けてる途中。

※話がマニアックなのでご注意ください※

自分なりに、その選手の表現が好きかどうかを判断してるポイントというものがあって、
そのひとつが「失敗したり、音とズレたりしたときに、どう続けてたか」です。
例えば、転んで立ち上がったら音楽のどこに合わせて演技を続けていたか、
あるいは音から遅れてしまったとき、振付をどう省略するか・しないか、しないなら本来とは違う音と振付をどう合わせているか、
を見て「ああ、いいな」とか「好きだな」とかを判断してます。
それを気づかせてくれたのはデニス・テンくんでした。
最初のワールドデビューの頃でも、転倒して立ち上がる瞬間から体が音に反応していたんです。
で、今回のネイサン。
4Fで転倒したため、次の最初のスピンが、曲が切り替わった後までズレ込みました。
ここのとこの振付が好きなので楽しみに待ってたのよ、そしたら音に遅れた。
どうするのかと思ったらまったく問題ない戻し方。
むしろ最初からそうだったのかと思うような。

※マニアックここまで※




生まれてはじめて自由なんだわー アダム・リッポン

3F-3T、3A、3Lz
リッポンはもう出来がどうとかの選手じゃない(笑)
解き放たれた羊。自由って素晴らしいw




体操のお兄さんかな? 羽生結弦

4Lo、4S-3T、3A
ネイサンのところでマニアックな話をしたのは意図があって、最初の4Loの着氷後を見てほしかったんです。
ステップアウトもお手付きもオーバーターンもしていませんが、前のめりに着氷して流れがSTOPしてしまいました。
その一瞬突然自我が出た。
「あとちょっとうまくいかなくて、悔しがってる俺」っていう。
ワザと長く動きを止めてるような体もあるし。
以前からそういうのを表に出す傾向はあって、若造の頃なら受け入れられたんですが、
もう気を付けた方がいいんでないかと。プリンスの曲表現と何の関係があるの?それ。
私はそういうの好きじゃないのよ。興覚めじゃん。
「何を滑っても羽生結弦」って言ってしまう理由はそういうとこです。
ただ、彼のそういうところが好きだという人が多いのは知ってる。
それをどうこういうつもりはなく、ただ、私は好きじゃないというだけ。




●結果●

  Pl.  NameNationTSS
=
TES
+
PCS
+
1 Yuzuru HANYU JPN 106.53 59.18 47.35
2 Patrick CHAN CAN 99.76 52.66 47.10
3 Javier FERNANDEZ ESP 91.76 47.45 45.31
4 Shoma UNO JPN 86.82 44.38 43.44
5 Nathan CHEN USA 85.30 45.62 40.68
6 Adam RIPPON USA 83.93 41.37 42.56

パトリックのところでSPについて改めて考えてしまった。
最近、ただの「短いプログラム」になっちゃってる。
それは過去に見たことある風景。いつか来た道。
ジュニアみたいにクワドを規制しろとは思わないけどね。
減点や認定の観点が、SPとフリーは違っていた方が意味がある気がしました。
そんなの難しいけどさ┐(´-`)┌ 言ってみただけ




web拍手 by FC2

« GPファイナル2016 女子SP | トップページ | GPファイナル2016 女子フリー 吾郎ちゃんが好き »

04.グランプリシリーズ」カテゴリの記事

24.アーカイブ2016年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GPファイナル2016 男子SP:

« GPファイナル2016 女子SP | トップページ | GPファイナル2016 女子フリー 吾郎ちゃんが好き »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Twitter

ハン・ヤン時計

  • ホームページ制作
    ハン・ヤンの健康と活躍を祈っています。

関連本

楽天

奇跡の動画

  • 織田信成×吉本新喜劇

バンクーバー五輪男子フィギュア観戦記

  • 太郎さんとともに
    向こうで撮ってきた写真で、紹介しきれなかったものです。
無料ブログはココログ